癒しの研究所

Just another WordPress site

メニュー

オキシトシンで癒されよう

908 views
約 7 分
オキシトシンで癒されよう

ストレスを毎日感じながら生活をおくっていませんか、そこでストレスのテーマが話題に取り上げられる事が多いですね。そこで安らぎ、休憩、幸福を求める方が多いですそこでその、安らぎなど癒しを追求していきたいと思います。ストレスが増え続け、人と人とがバラバラになっていく一方の現代社会の中で、安らぎと結びつきの必要性がますます切実に感じられるようになっています。そこで慌ただしいライフスタイルを見直した生活が必要になってきます。

癒しという面で色々考えていくと、その一番中心にある、体のホルモンははオキシトシンです。オキシトシンはホルモンとして、血流に乗って体内を巡り、様々な機能に影響を与えるだけではなく、神経伝達物質としての脳のさまざまな領域につながる神経ネットワークを通して作用指定ます。オキシトシンは身体の様々な重要な働きに影響を与えていることが分かります、

安らぎと結びつき

ストレス・恐怖・怒りなどがどのような、生理学的影響を私たちにもたらすのでしょうか。
その反面逆に、美味しい食事の後、どんな風に感じますか。
その時あなたは椅子の背にゆったりともたれている、ソファーに横になって昼寝をしたいなと強く思うかもしれない。
色々と問題を抱えてはいるが、食事の前に気になっていたストレス・恐怖・怒りが食事前に感じていたほどにはその問題が気にならなくなっています。
痛みや苦痛も食事前より軽くなってきます。
食後は気持ちは安らかになり満足気な笑みさえ浮かべているかもしれませんね、
そして忙しい生活の中でちょっとの間、全てのことから手を引いてのんびりしたいと思うかもしれません。
あるいは自分の周りの人達への親しみが強まって誰かが抱きしめてくれたら、その触れ合いを喜んで受け入れる気分になるかもしれないです。
このひと時、あなたはストレスを全く感じず、幸せな気分を経験すると思います。
人生は私たちにこの状態を楽しむ機会をたくさん与えてくれています。
ゆったりと風呂に浸かれば穏やかな幸福感に満たされる、マッサージを受ければ、肌がばら色になり、顔の筋肉も含めて体全体がリラックスし、休息する、瞑想はストレスを軽減する内面の平常者に至る道でもあるともしばしば言われています。
これらの快い刺激は全て脳でのオキシトシンの分泌から来るのです。
そしてそのオキシトシンが体の中心的な役割を果たして心も身体も安らぎの反応を促進してくれるのです 。

オキシトシンの効果

オキシトシンはなぜこんな効果を生むのでしょう。
オキシトシンは一生を通じて私たちと共にあります。
あなたが生まれた時にお母さんの子宮から押し出されるのを手助けしてくれるのはオキシトシンです、
お母さんがあなたに授乳することができたのもオキシトシンのおかげです。
そして幼い頃にお母さんやお父さんが愛情を込めて触れてくれるのも喜んだでしょう、
それによってあなたの体の中にオキシトシンが放出されたから大人になってからもおいしいものを食べたり、マッサージを受けたり、恋人と親密に触れ合 った時にオキシトシンの効果を体験しています。

鎮静作用と鎮痛作用

ここまでで 少量のオキシトシンが不安を減らし、好奇心を持つということが分かりました。
オキシトシンの効果は非常に広範囲にわたりますが、そのうちの一つは痛みを軽減するオキシトシンはその源である視床下部から発する神経繊維に沿って痛みの近くに関係する神経系のさまざまな部分に信号を送るということで、オキシトシンには鎮静作用と鎮痛作用があるとも考えられています。
癒し以上のものですね、。
学習能力の向上など ストレスにさらされている時や、時間がなくて焦っている時に新しいことを学ぼうとしたり、何か複雑なことを理解しようとしたことがあるでしょうか。
きっと思うようにはかどらなくてイライラしたことがあるでしょう、
そんな時、作業を中断して一息入れるか十分な時間を与えてもらうかしてストレスが軽減されれば気持ちが落ち着き、その後は集中力が増して仕事がはかどるようになります。
ストレスを軽減するオキシトシンは学習を容易にすることにもあります。
誰でも知っているように、眠くてたまらない時に何かを学ぶのは非常に難しいです。
そして不安を抱きストレスにさらされている時に新しいことを学習しようとするのも同じくらい困難で、しなければならないことが山のようにある時まず落ち着きなさい、気持ちを楽にしなさいと友達が助言してくれることがある。
とても無理だと思うかもしれないがこの助言はいくつかの理由で良い助言だと言えます。
体内のストレスホルモンと安らぎホルモンのバランスを上手く取ることができれば気分が良くなるだけではなく状況の理解が的確になって良い状況の適応を容易にするなどの解決策を見つけることができるのです。

食べること

➀内側からのマッサージ

どんな大きな悩みでも、たらふく食べれば解決するという古いことわざがあります。
確かに何かを食べている間は悩みがなくなったような気がするという経験はよくあります。
少なくともおいしい夕食の後、お腹も気持ちも満たされてゆったり椅子に持たれている時にはどんな悩みだろうと幾分深刻さが薄れたように感じるのは紛れもない事実です.
たっぷり食べたあとには良い安らぎで満ち足りた気分になりやすいです、ものを食べて満腹になるというのも体のシステムを活性化させる一つの方法です、体の内側は食べることによって刺激されます。
ちょうど体の外側がタッチによって刺激されると同じです。
消化器系と皮膚にはいくつかの興味深い類似点があるため、食べることはいわば体の内側からのマッサージだと考えられます。

②満腹と満足

食事の後は激しい空腹感が消え穏やかで落ち着いた気分になりますね、
できれば横になって少し休みたいということが多いですよね、
食後の落ち着いた気分がその場にふさわしい行動を取るように促しているわけです、
それは休んでいる時には食べ物を消化し栄養を蓄える効率が上がるからなんです。
満腹の快感も人付き合いによる良い影響を与えています。
満腹の時には周囲に対して肯定的な態度がとれます、それに痛みの閾値が上がるので、歯痛などはいくらか和らぐことが多いですね。知り合って間もない男女が初めて食事に行く時料理に最大の関心を払うことはまずないです。
食事はむしろお互いを知り、関係を深めるための準備段階です。
食事の時の雰囲気が良くて意気投合したらもしかするとその相手とセックスを夢見るところまで行くかもしれない。
おそらく一緒に食事をすることによって生じる絆が「男の心に至る道は彼の胃袋を通っている(男心を掴むには胃袋から)」ということわざを産んだのでしょう。
多くの人に覚えがあるでしょう、実際に食べる必要がないのに一時の満足感を得たくて食べることがあります。
特に高脂肪の食べ物は低脂肪や高タンパクの食べ物より満足感を得やすい、心配事があって眠れない時起き出して夜食を食べ、ミルクをいっぱい飲んだりします、温かいミルクならさらにリラックス効果が増しますね。
また若者が多くの大学に進学するためなどの理由で家を離れると体重が増加することが珍しくないです、
それはおそらくホームシックを紛れそうとして食べ過ぎるせいでしょう、
家が恋しいということは親密な結びつきや慣れ親しんだ触り合いがなくなったのが辛いということです、
親密な結びつきを失って不安になりそれを食べ物で紛らさそうとするそういうことは大抵無意識でやっています。
逆に私達が痩せようとして脂肪を減らした食事をするときも気分や行動に変化が起こります。
人によっては不安で憂鬱になる、人によっては活動的で 陽気になる、
どちらのパターンを取るかは生まれつき決まっているか、あるいはごく幼い頃に刷り込みをされたかのどちらかのようです。

まとめ

このように、オキシトシンには色々な作用があります。食事時も影響があるなんて・・・ダイエットもオキシトシンを上手に利用すると成功するかもしれませんね。それよりこのストレス社会、頑張るばかりが人生ではないはずです。ダンスを踊るような時もあってもいいです。おいしいものいっぱい食べてもいいです、人生はそうあるべきなのです。そして、大きなオキシトシンの木の木陰でそよ風に吹かれ、心地よいひと時を過ごしていきましょう。

About The Author

kazu
アラフィフで2人の子供と2匹の犬と住んでいます。サザエさんに似ています。おっちょこちょいであわてんぼう!毎日、犬の世話と子供の世話に始まり一日が終わります。花が大好きでアロマなども好きです。香で気分のアゲアゲ感が変わるので香りも大好きですが、かおりは香水より自然な香りが大好きですモチベーションも香りで上がります。趣味が一杯の私です。医療系の仕事をしているので身体の何か気になることがあると根拠から考えてしまいます。でもこのように調べたことを自分ひとりにしてしまわずに皆さんに知ってもらいたいと思ってブログを始めました。
癒す事が仕事の1部なのですが、忙しい毎日に追われストレスフルな毎日を送っています。
いま、癒しを求めて色んなことに挑戦(*・ω・)
その挑戦しているものや良かったこと、楽しかった事を記事にあげていきたいと思ってます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

癒しの研究所でノンストレス

何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです。 The most important thing is to enjoy your life – to be happy – it’s all that matters. オードリー・ヘップバーン(英国の女優 / 1929~1993)